松戸市で若い世代に起こっている!?新型膝痛とは?

松戸市で若い世代に起こっている!?新型膝痛とは?

こんにちは、清水です。


今日は、「若い世代に起こる!新型膝痛」について話していこうと思います。


膝の痛みというのは、おじいちゃん、おばあちゃんに起こる病気だと思っている方は多いと思いますが、最近は若い世代にも起こっています。


若い世代で起こっているひざ痛を、新型膝痛と言います。


20~30代の女性が多いです。


ちなみに、20~30代でひざの痛みを感じている方は29%


40~50代では35%と言うデータが出ています。


年齢と膝の痛みの関係は、あまり関係ないことがわかります。


膝の痛みというと、激しい運動が原因で起こると思われています。


ですが、最近は、運動不足の解消に始めるような比較的軽い運動をしている方でも、膝の痛みを抱えている方が増えています。




若くても膝は痛む?

20~30代の女性で、初心者向けのヨガやダンス、ストレッチ、エクササイズを始めたことで、膝の痛みや違和感を訴える症状のことを新型膝痛と言います。


膝を痛めると、階段や歩行、踏ん張りなどが効かなくなり、日常生活に支障をきたしやすくなります。


新型膝痛の主な原因としては、「体に負担のかかりやすい動かし方をしている」「動かしすぎによる疲労の蓄積」があります。


人間は、しばらく運動していないと神経の動きが悪くなります。


足を上げているはずなのに、段差にぶっかったことはないでしょうか?


これは筋力が足りないではなく、頭の命令に対して筋肉が正確に動かせていない証拠です。


運動を久しぶりに始めるとこのような現象が起こります。




松戸整体院院長清水亮彦がお伝えする新型ひざ痛の解決策とは?

ですので、運動を始める時は、


「わざと強度を下げて行う」


「フォームを意識して行う」


この2つを意識することで、怪我の予防や新型膝痛の予防にもなります。


運動を始めようと思っている人は気をつけて下さいね。




動画で詳しく観たい方はこちらをどうぞ