膝の痛みの原因はスネから⁉︎膝の痛みを良くするスネマッサージ!

こんにちは、清水です。


今日は、「膝の痛みを良くするスネマッサージ」についてお伝えしていきたいと思います。


歩いていたり、階段の上り下り、立ち上がる時に膝の内側が痛いなど、膝の痛みで悩まれている人は多いと思います。


そもそも膝はなんで痛くなるのか?


膝というのは、前後の動く関節です。


ですので、歩いたり、走ったり、座ったりする動作では痛みが出ないはずなのです。


「でも痛いですよ!」という声が聞こえてきそうなので、ご説明いたしますね。


膝が痛くなる原因として、膝が捻れて曲げ伸ばしされていることがあります。


捻れる動きというのは、膝関節にはありません。


ですので、痛みを感じるのです。


捻る動きが、軟骨や半月板、靭帯などにダメージを与えます。


「老化ではないのですか?」と思う方もいるかも知れませんが、老化ではありません。


なぜなら、老化で膝が痛いのなら、老人全員が膝が痛くなるはずです。


しかし、現実は膝が痛くない人もたくさんいます。


では、膝がなぜ捻れるのか?をご説明していきたいと思います。


実は膝の捻れる原因は、膝の関節に原因があるのではなく、膝の関節の上と下にある股関節と足首に原因があります。


股関節や足首が捻れることにより、その捻れが膝関節にも影響するのです。


今日は足首の捻れを取るエクササイズをお伝えします。


足首は、内側に曲がりやすいです。


内側に曲がる原因として、スネのキワの筋肉があります。


ここが硬くなると足首が捻れやすくなります。


まずは、内くるぶしから指三本分上の場所を探します。


その場所の骨の内側を押します。


結構痛いので気をつけてください。


筋肉を骨から剥がすようにマッサージします。


何回かマッサージしてくると痛みが和らいでくるので、和らぐまでマッサージしていてください。


もう一つの方法は、指で筋肉を抑えて、その状態で足首を回します。


内回し、外回し両方やってみてください。


回しているとだんだんと抑えているところの痛みが和らいできますので、和らぐのを目安にやってみてください。


膝の痛みにも原因が必ずあるので、痛みを抱えている人は、不安がらずに一つづつ原因を解消していきましょう。