松戸市でコレステロールに悩んでいるあなたに伝えたい年をとればコレステロールが増えるの当たり前の理由

年をとればコレステロールが増えるの当たり前の理由

こんにちは、清水です。


今日は、「年をとればコレステロールが増えるの当たり前の理由」について話していこうと思います。


コレステロールに悩んでいる人は多いと思います。


コレステロールを下げようと、薬を飲んでいる方もいますが、年をとるにつれて、コレステロールが高くなるのは当たり前です。


そもそもコレステロールとは何なのか?


どういう役割をしているのか知っている人はどれだけいるでしょうか?


コテステロールの働きは、ホルモンの材料や胆汁の材料、細胞膜の材料です。


コレステロールがないと、これらの機能が働かなくなってしまいます。


人間は年をとると、細胞が傷ついていきます。


長年のダメージの蓄積や細胞の入れ替わり作業もなど。


その際に、コレステロールが材料となり、細胞膜を修復します。


そうなると必然的に、コレステロール値は上がるのです。


逆に修復しようとしているコレステロールを抑えてしまうと、細胞の修復ができずに、病気になる可能性が高くなるのです。


一部の論文には、コレステロール値が高いほど、死亡率は低いとも言われています。


コレスロールで重要なのは、コレステロールのバランスです。


善玉コレステロールの役割は、組織で余ったコレステロールを肝臓に戻す働きをしています。


悪玉コレステロールの役割は、各細胞の細胞膜の材料になります。


善玉が良い、悪玉が悪いではなく、どちらも必要なのです。


このバランスが崩れると、病気になるのです。


悪玉が多いということは、それだけ細胞の組織にダメージあり、善玉が少ないとお掃除されないということです。


例えば、体(内臓)に負担のかかる行動をやめることでも、悪玉の量を減らすことはできます。


このように本質的な部分から考えることで、健康は作ることができるので、善玉だから良い、悪玉だから悪いという認識をしていると、必ず病気になるので気をつけてください。