タクシーでのイライラ改善方法

こんにちは清水です。

今回は、「タクシーでのイライラ改善方法」についてお話します。



最初に言っておくが、これはタクシーの運転手を批判する内容のものではない。

私のクライアントや友人にもタクシードライバーはいて、プロフェッショナルに働いている。

私もタクシードライバーにはリスペクトしている。



しかし、ごく一部のドライバーは、運転が荒い。

そう言うドライバーに運悪く当たってしまった場合のイライラの対処法をお伝えしたい。



僕が奥さんと当時1歳になる子供と駅から自宅までタクシーに乗った。

その運転手は、もの凄いスピードで、雑な運転をして、目的地まで運んでくれた。

早く目的地につくと言う面では、プロフェッショナルかもしれないが、乗客に不安と恐怖を与えては流石にまずいと思う。



このように、イライラやストレスを感じる場面に遭遇することもあると思う。

その時は、意思表示を示すことが大事だ。



価値観と言うのは、なかなか同じ人とは出会わない。

同じ物を食べても美味しいと感じる人もいれば、不味いと感じる人もいる。



先ほどのタクシーの話でも、ドライバーからしたら普通のスピードかもしれない。

と言うことは、こちらが何らかの意思表示を起こさないと、相手は気づかないと言うことだ。



だから、意思表示は大事になってくる。

それと同時に、意思表示をすることで、こちらのストレスも大分軽減される。



「子供がいるので、急がなくても大丈夫です」

「気分が悪いのでゆっくり行ってください」

など、自己主張することで、相手に自分の意思を知らせることができる。



意外とこの一言が言えないせいで、ストレスを溜め込んでしまう人が多いので、タクシーに乗ってストレスを感じる場合は、ぜひ意思表示してみてほしい。

ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆松戸整体院院長 ◆柔道整復師、整体師、パーソナルトレーナー ◆清水亮彦 ◆1987年:千葉県松戸市で生まれる ◆1999年:松戸市寒風台小学校卒業 ◆2002年:松戸市第六中学校卒業 ◆2004年:千葉県柏陵高等学校卒業 ◆2007年:アルビレックス新潟シンガポール入団 ◆2009年:膝に大怪我を負いサッカー選手を引退 ◆2011年:日本柔道整復専門学校卒業 ◆2011年:柔道整復師国家資格を取得 ◆2011年:松戸市の整体院、整骨院に勤務 ◆2013年:松戸市古ヶ崎に松戸整体院を開院 ◆2017年:松戸市松戸に松戸整体院パーソナルジムを開院 ◆特技・サッカー、筋力トレーニング、UFOキャッチャー