戦術を教える時期に来た

どうも、パパのりです。

先日、やるのりのサッカーを見ていて、そろそろ戦術を教えていかないと感じました。

その理由としては、すでに小学低学年でも、ハマるという現象が起きているからです。

ちなみに「ハマる」とは、相手の守備にハマるということです。

簡単に言うと、右にパスがくると相手が予測している場所に、パスを出してしまい、守備の餌食になってしまうことです。

日本代表の試合を見ていると良くわかるかもしれません。

この現象は大人だけでなく、子供でもおきます。

この現象を回避するためには、気合や根性、テクニックだけでなく、戦術を理解していないといけません。

ここで問題になるのが、小学生で戦術を理解できるのか?と言うことですが、結論からすると理解する子もいれば、理解できない子もいます。

なので、まずはパスにはメッセージがあること、メッセージをお友達に届けることを意識させてみたいです。

適当にパスを出したりなど、自分保因でパスを出さないこと、パスを出す時は、パスを出され人のことも考えることです。

どれだけ理解できるのはわかりませんが、一度やってみたいと思います。

それでは!

ABOUTこの記事をかいた人

パパのり

元シンガポールプロサッカー選手。現整体師。自身のサッカー経験や整体師の知識を活かし、サッカーが上手くなるやり方、効率の良い身体の動かし方、怪我をしないケアの仕方などを、このブログを通してお伝えできればと思っています。