弱気な子供必見!!自信回復メニューの作り方

おはようございます!

 

みなさん!

お持たせしました。

 

子供の自信を回復させるメニューを

ついに考案しました。

 

息子さんや娘さん想いの

お父さんやお母さん方は、

必見です。

 

冒頭から盛った

言い方をしてしまって

すいません(汗)

 

自信が回復する

練習メニューとは、

子供の好きな練習を

させることです。

 

なんだそんなことか

と期待外れだった方は

ごめんなさい(涙)

 

個人的な話になりますが、

子供の練習メニューは、

8割は私が決めていました。

 

私が決めるといっても、

厳しいメニューというよりは、

楽しくできるメニューです。

 

内容としては、

練習でできなかったことや

今やっておくべきことを

中心に構成していました。

 

自己満足かもしれませんが、

練習内容自体は、

そこまで悪くないと思います。

 

できることも多くなり、

上手くなっています。

 

しかし、いつも言っている通り、

チーム練習や試合では、

練習でしている動きをしません。

 

なぜなのか?

いつも不思議でした。

 

練習で緊張しているから?

周りのレベルが高いから?

 

ただ、お友達と遊ぶサッカーでも、

練習でしたことを一切やりません。

 

「なぜなんだ…」

私はかなり悩んでいました。

 

そんな時、ストリートサッカーの

YouTubeを見ました。

 

ストリートサッカーでは、

誰に縛られるでもなく、

みんな好きなように

プレーしています。

 

上手くプレーするために

自分で考えてやっているのでしょう。

 

だからこそ、自主性も出るのでは

と思いました。

 

そして、それを今の自主練習にも

活かせないかなと考えました。

 

それで出た結論が、

子供が好きな練習、

やりたい練習を

させることです。

 

自分でやりたい練習をして、

上手くいかないことがあれば、

どうやって上手くいくのかを考える。

 

そうすることで、

練習(技術向上)と

考える(自主性)が

上手くできるのでは考えました。

 

実際にやってみると

効果がありました。

 

パスやドリブル練習をしたいとのことなので、

それを一緒にやりました。

 

ドリブルでボールを取られたら、

どうやったら抜けるのか?

パスで狙った方向に飛ばない場合は、

どうすればいいのか?

それを自分で考えていました。

 

自分で決めたお題なので、

自分で考えることに、

積極的でした。

 

私がお題(練習内容)を決めた時は、

できないとすぐに

私のアドバイス待ちでしたが、

自分で決めたことなので、

自分で考えているようです。

 

もちろん、

補助としてのアドバイスはします。

 

大人教えた方が効率が良いですが、

子供が本当に理解するためには、

自分で気づいて自分で考える必要があります。

 

強いて言うなら、

知っているとやっているの違いでしょうか。

 

自分で練習メニューを考えてからは、

今までなかった自分のプレーに対しての悔し泣きや、

どうやったら抜けるのかを

真剣に考えるようになりました。

 

「こんなことはもう知っているよ」

と言う方もいるかもしれませんが、

もしお子さんの自主性を

高めたいと思って方がいれば、

参考にして頂けると幸いです。

 

そんな感じで、

本日も最後まで見て下さりありがとうございました!

ABOUTこの記事をかいた人

のりパパ

元シンガポールプロサッカー選手の経験を生かしてのサッカー指導やアドバイスや、整体師目線からの怪我をしない体のケアや体の使い方をお伝えできればと思っています。