SNSできた友達は、友達ではないのか?

こんにちは、清水です。

今回は、「SNSできた友達は、友達ではないのか?」についてお話します。



SNSできた友達は本当の友達ではない?

そんなことで、悩んだことはないだろうか?



友達の定義は、一緒にいて、落ち着くや楽しい、悩みを言える関係だろう。

それができているのなら、直接会ったことが無くても、友達と言えると個人的には思う。



一昔前は、顔の見えない相手や直接会ったことが無い相手は危険というイメージがあると思うが、

時代が進みSNSだけの関係も増えてきた。



そこで意気投合する機会も増え、直接会うことだけが、全てではないことが言える。

そもそも直接会って楽しい人もいれば、SNSの時が楽しい人もいる。



繋がる手段は色々ある。

その手段を柔軟に使っていく方が今の時代は賢い。



電話の時の親友、SNSの時の親友、直接会った時の親友など、手段によって、親友が変わる時代もくるかもしれない。

選択肢が無限に増えている時代だからこそ、今までの概念は通じなくなってきている。



直接会うと言う手段だけでなく、電話やSNS、チャットなど、色々な友達ができる時代になっているので、柔軟な思考を持つことがベストだと思う。

ABOUTこの記事をかいた人

セイタイ博士

こんにちは、セイタイ博士です。 このブログでは、心と体が健康になる、ちょっとした知識をお伝えしています。 なぜお伝えしているかと言うと、”自分に自信を持った生き方”をして欲しいからです。心と体の健康というのは、自分らしく生きていく上で欠かせません。 ですが今の世の中、希望と不安では、不安を強く感じる人が多いです。 その様な方の不安を解消し、自分らしい人生を送って頂くために、現代にあった考え方や健康法をこの『けんこう知恵袋』でお伝えしていきたいと思っています。