友人にどう思われるのか気になる場合の対処法

こんにちは、清水です。

今回は、「友人にどう思われるのか気になる場合の対処法」についてお話します。



僕の治療院に来院される十代の子達もよく悩んでいる問題だ。

友人の気持ちを考えすぎて、

「自分といても楽しいかな」

「私といてつまらないと思われていないかな」

と不安になってしまう。



このように思うことは、別に悪いことではなく、普通のことだ。

「投影」と言う現象で、自分の感じていることを相手も感じているんじゃないかと考え、自分の心を守ろうとする心の防御反応だからだ。



とは言っても、ずっと相手のことばかり考えているわけにもいかない。

解決方法としては、知り合いを増やすことだ。



広く浅い友人関係を築くことで、気さくにフランクに友人と接することができる。

選択肢が狭いと、ついついにその選択肢に合わせようとして無理をしてしまう。

だから、まずは友人の選択肢を広げることが大事だ。



知り合いが増えれば、気の合う友人と出会える可能性も増える。

気が合う友人ができれば、投影反応も起こることがない。



まとめると、友人の心の気持ちを気にすることは正常な現象。

ただそれが過度に働くのは、友人の選択肢が狭いと言うこと。

だから選択肢を広げて、気の合う友人を見つけるためにも、浅く広くフランクな友人関係を作ることです。

友人にどう思われているのか気になっている方は、ぜひ参考してください。ㅤ

ABOUTこの記事をかいた人

セイタイ博士

こんにちは、セイタイ博士です。 このブログでは、心と体が健康になる、ちょっとした知識をお伝えしています。 なぜお伝えしているかと言うと、”自分に自信を持った生き方”をして欲しいからです。心と体の健康というのは、自分らしく生きていく上で欠かせません。 ですが今の世の中、希望と不安では、不安を強く感じる人が多いです。 その様な方の不安を解消し、自分らしい人生を送って頂くために、現代にあった考え方や健康法をこの『けんこう知恵袋』でお伝えしていきたいと思っています。