仲の良い友達とずっと友達でいられる方法

こんにちは、清水です。

今回は、「仲の良い友達とずっと友達で入れる方法」についてお話します。



仲の良い友達とは、この先もずっと一緒にいられるなと思った矢先、急に喧嘩をして疎遠になることもある。

なぜ仲が良いと感じていたのに、関係がギクシャクしたり、喧嘩が絶えなくなる時があるのか?

それは、知らず知らずのうちに、相手に何かを求めてしまっているからだ。



そもそもだが、いくら仲が良いからと言って、良い人間関係が永遠に続くわけではない。

出会った時は、価値観が近いかもしれないが、生きていく上でいろいろと価値観の変化は起きている。



また、知らないうちに相手に求めてしまう場合が多い。

「私のことわかってくれているよね」という感情が出てくると関係は悪くなる。



冷静に考えると、あなたのの親ですら、あなたの期待に応えることは難しい。

一番長く接している親ですら、自分の期待に応えてくれないのだから、他人である友人はもっと難しいであろう。



だから、長く良い関係を築きたいのであれば、相手に期待をするのをやめるといい。

逆に相手が喜ぶことをしてあげれば、もっと良い関係になれる。

ただし、喜びという見返りを求めてはいけない。



相手が私にしてくれることよりも、私が相手にしてあげられることは何かを意識して、関係を続けていけば、きっと良い人間関係を築けるので、大切な人がいる人はぜひやってみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆松戸整体院院長 ◆柔道整復師、整体師、パーソナルトレーナー ◆清水亮彦 ◆1987年:千葉県松戸市で生まれる ◆1999年:松戸市寒風台小学校卒業 ◆2002年:松戸市第六中学校卒業 ◆2004年:千葉県柏陵高等学校卒業 ◆2007年:アルビレックス新潟シンガポール入団 ◆2009年:膝に大怪我を負いサッカー選手を引退 ◆2011年:日本柔道整復専門学校卒業 ◆2011年:柔道整復師国家資格を取得 ◆2011年:松戸市の整体院、整骨院に勤務 ◆2013年:松戸市古ヶ崎に松戸整体院を開院 ◆2017年:松戸市松戸に松戸整体院パーソナルジムを開院 ◆特技・サッカー、筋力トレーニング、UFOキャッチャー