マウンティングしてくる人の対処法

こんにちは、清水です。

今回は、「マウンティングしてくる人の対処法」というテーマについてお話します。



友達といる喋っている時にやたらと、「俺、すごいぜ!」アピールしてくる人がいると思う。

そう、マウンティングをとりたがる人だ。



ことあるごとに、自慢話をしてきて、「私はあなたよりも上だ」と言わんばかりの発言をしてくる。

こういう人といると疲れるのが本音だと思う。



しかし、中にはいろいろな事情があり仲良くしないといけい場合もあるだろう。

そういう時には、まずは距離感を意識するといい。



距離が近すぎるとマウンティングを取られやすいので、友達よりも知り合い程度の距離感が大事だ。

また距離感を間違ってもマウンティングを取る人の心理を理解することで、精神的ストレスを軽減できる。



そもそもマウンティングを取る人の心理は、自分に自信が無い場合が多い。

自分に自信があるなら、わざわざ人に自慢はしないだろう。



自分に自信がないが注目されたいと言う気持ちが自分アピールに繋がる。

だから、ある意味かわいそうな人でもある。

そういうふうに理解すれば、心理的にはあなたが上の立場になれるので、ストレスを感じにくくなる。



まとめると、マウンティングを取りたがる人には、近づきすぎない距離感を保ち、尚且つ相手の心理を読み、自分に自信が無いかわいそうな人と思うことで、こちらのストレスを軽減できるので、マウンティングを取られて困っている方は、ぜひ意識してやって見てください。

ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆松戸整体院院長 ◆柔道整復師、整体師、パーソナルトレーナー ◆清水亮彦 ◆1987年:千葉県松戸市で生まれる ◆1999年:松戸市寒風台小学校卒業 ◆2002年:松戸市第六中学校卒業 ◆2004年:千葉県柏陵高等学校卒業 ◆2007年:アルビレックス新潟シンガポール入団 ◆2009年:膝に大怪我を負いサッカー選手を引退 ◆2011年:日本柔道整復専門学校卒業 ◆2011年:柔道整復師国家資格を取得 ◆2011年:松戸市の整体院、整骨院に勤務 ◆2013年:松戸市古ヶ崎に松戸整体院を開院 ◆2017年:松戸市松戸に松戸整体院パーソナルジムを開院 ◆特技・サッカー、筋力トレーニング、UFOキャッチャー