愚痴をいう友達とうまく接する方法

こんにちは、清水です。

今回は、「愚痴をいう友達とうまく接する方法」というテーマについてお話します。



生きていると誰だって愚痴を言いたいくなる時がある。

愚痴を言うことは前回も言った通り生きていく上で必要なことだ。



長い付き合いの友達がいると、愚痴を言う側の時もあれば、愚痴を聞く側の時もあると思う。

愚痴を言うのはすっきりするば、聞く側になるとストレスになる場合が多い。

相手のネガティブな思考に振り回されたり、のまれたりしてしまうからだ。



そうならないためには、自分のペース、主導権を持って相手の愚痴を聞いてあげるといい。

愚痴を言う主導権を相手に渡してしまうと、永遠に愚痴が止まらないだろう。



主導権をとるために必要なことは、質問力と同調力。

おせっかいなおばちゃんをイメージするとわかりやすが、「それで?」「どうなったの?」など、相手が喋りやすい環境を作ってあげる。



そして、「これはこう言うことなんだね」と相手の言ったことを理解してあげて、確認ためにもう一度言ってあげることだ。

そうすると、相手はこの人よく理解してくれると思いあなたに信頼をおく。



愚痴を言う相手はあなたに解決を求めているのではなく、理解を求めているので、あなたが理解した態度を提示することで、その場をある程度はコントロールできる。

コントロールできると、主導権を握れるので、ぜひやってみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆松戸整体院院長 ◆柔道整復師、整体師、パーソナルトレーナー ◆清水亮彦 ◆1987年:千葉県松戸市で生まれる ◆1999年:松戸市寒風台小学校卒業 ◆2002年:松戸市第六中学校卒業 ◆2004年:千葉県柏陵高等学校卒業 ◆2007年:アルビレックス新潟シンガポール入団 ◆2009年:膝に大怪我を負いサッカー選手を引退 ◆2011年:日本柔道整復専門学校卒業 ◆2011年:柔道整復師国家資格を取得 ◆2011年:松戸市の整体院、整骨院に勤務 ◆2013年:松戸市古ヶ崎に松戸整体院を開院 ◆2017年:松戸市松戸に松戸整体院パーソナルジムを開院 ◆特技・サッカー、筋力トレーニング、UFOキャッチャー