公の場で子供が泣いた時の対処法

こんにちは清水です。

今回は、「公の場で子供が泣いた時の対処法」についてお話します。



僕には5歳の子供がいる。

今は電車やデパート、飛行機の中で泣くことは少なくなったが、小さい頃は泣いていた。



泣くことは自然現象なのでどうにもならない。

しかし、周りにいる人のタイミング次第では迷惑になることもある。



寝不足で電車で寝ようとした人にとっては、泣き声はうるさく聞こえる。

頭痛で大きな音に敏感になっている人は、泣き声のせいで頭痛が悪化するかもしれない。

試験があり、単語の確認をしてる人にとっては、集中できないなど。



人それぞれにタイミングがあるので、受け取り方はその次第だ。

しかし、泣いていると言う現実は変えることができない。

では、どうすれば周囲の人を納得させることができるのか?



それは同情してもらうことだ。

物事が起きているのに何も対処しないと人はイライラする。



例えば、注文したモノが遅れてきたとしても、スタッフが急いでる様子を見せていれば、だいたいの人は納得する。

逆に遅れているのに、焦らずチンタラしていたらイライラするだろう。



「あせたって何も変わりませんよ!」

と思うかもしれないが、焦ることをアピールすることで、人の同情をかうことはできる。



子供が泣いている時も、「私今あやしていますよ」アピールをすることで、周りの人は納得する。

「子供だからしょうがないよね」

「うちの子も昔はこうだったな」

のように、共感してくれます。

またこれに共感でず、怒ってしまう人は、周りから、冷たい人や思いやりがない人と認識されるだろう。



まとめると、公の場で子供が泣いた時は、「あやしているますよ」アピールをすることで解決できるだろう。

人間はロボットではない。

世の中は効率化を目指していますが、効率化すると感情がいらない世界ができあがる。

感情と人間は切っても切れないので、その感情にうったえかける行動をとることで、ネガティブなイメージもポジティブに変わることを知っていて欲しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆松戸整体院院長 ◆柔道整復師、整体師、パーソナルトレーナー ◆清水亮彦 ◆1987年:千葉県松戸市で生まれる ◆1999年:松戸市寒風台小学校卒業 ◆2002年:松戸市第六中学校卒業 ◆2004年:千葉県柏陵高等学校卒業 ◆2007年:アルビレックス新潟シンガポール入団 ◆2009年:膝に大怪我を負いサッカー選手を引退 ◆2011年:日本柔道整復専門学校卒業 ◆2011年:柔道整復師国家資格を取得 ◆2011年:松戸市の整体院、整骨院に勤務 ◆2013年:松戸市古ヶ崎に松戸整体院を開院 ◆2017年:松戸市松戸に松戸整体院パーソナルジムを開院 ◆特技・サッカー、筋力トレーニング、UFOキャッチャー