騒音を出す人には関わるな!

こんにちは清水です。

今回は、「騒音を出している人の対処法」についてお話します。



電車に乗っていると、音漏れをしている人に出会ったことはないだろうか?

通勤時間帯に乗っている人は一度は遭遇したことがあると思う。



イヤホンがうまく刺さってなかったなど、アクシデントから起こる音漏れならいいが、音量を上げまってくいる故意的な音漏れなイライラする。

とは言ってもそこで、注意するべきなのか?それともこれ以上トラブルに巻き込まれないようにするかは難しい判断だ。



個人的には、注意はしたいが、のちのちトラブルになって、それで揉めるのも嫌なので、音がする場所から立ち去ります。

そうすると、自分の意思も示すことができ、尚且つ音も聞こえなくなるので、良いと思う。



音漏れを聞いて、イライラする原因は、自分の嫌いなことを相手がしていることだ。

好きな曲であれば、そこまでイライラしないと思う。

現にカフェの音楽は気にならない人がほとんどだ。



しかし、自分の聞きたくないタイミングで、聞きたくない音楽が流れているので、ストレスになる。

また相手に対して、「迷惑だ」と言う意思表示ができないこともストレスになっている。

普通は嫌なことをされたら、何かしらの行動で態度に示すのが普通だからだ。



この両方を満たす対処法をすれば、基本的には、ストレスは軽減される。

だから、車両を変えることで、意思を示し、尚且つ音を聞かなくて済むという行動は、一番理にかなっている。

スルースキルが高い人は、そのままでもいいが、スルースキルがそこまで高くない人は、参考にして見て欲しい。