決断は疲れている時にするな

こんにちは清水です。

今回は、「決断は疲れている時にするな」についてです。



人生は選択の連続でできていると聞いたことはあると思う。

本当にその通りで、毎日様々な選択が起こる。



ご飯を食べるのか?食べないのか?

今この仕事をすべきなのか?しないべきなのか?

今日中にこれを仕上げるのか?それとも明日まで余裕を持たせるのか?



これらの選択を正しくできれば、いいが間違った判断をしてしまうことがある。

もちろん、全ての選択を正しくすることは不可能だが、少しでも自分の状況を良くするためには、正しい選択が不可欠だ。



そのためには、自分の脳を元気な状態にしておかないといけない。

疲労やストレスがある状態では、正しい選択はできない。



個人的な体験としては、ダイエットしていて、計画通りにうまくいっていたのに、イライラする出来事が起こってしまうと、計画を無視した行動をしてしまう。

後になれば、なぜこんなことをしたのだろうと思うのだが、イライラしていると、端的な欲求だけを満たそうとして、冷静な判断や目的を見失うことが言えると思う。

そうならないように、重要な決断をする時や大事なことを決める時は、脳の疲労を極力取り除いたい状態で決めるといいです。

ABOUTこの記事をかいた人

清水 亮彦/Akihiko Shimizu

◆松戸整体院院長 ◆柔道整復師、整体師、パーソナルトレーナー ◆清水亮彦 ◆1987年:千葉県松戸市で生まれる ◆1999年:松戸市寒風台小学校卒業 ◆2002年:松戸市第六中学校卒業 ◆2004年:千葉県柏陵高等学校卒業 ◆2007年:アルビレックス新潟シンガポール入団 ◆2009年:膝に大怪我を負いサッカー選手を引退 ◆2011年:日本柔道整復専門学校卒業 ◆2011年:柔道整復師国家資格を取得 ◆2011年:松戸市の整体院、整骨院に勤務 ◆2013年:松戸市古ヶ崎に松戸整体院を開院 ◆2017年:松戸市松戸に松戸整体院パーソナルジムを開院 ◆特技・サッカー、筋力トレーニング、UFOキャッチャー