マナー違反の人うまく付き合うコツ

こんにちは清水です。

今回は、「マナー違反している人への対処法」についてお話します。



マナー違反の人を見るとイライラしますよね。

僕もイライラします。



つい最近にあったイライラは、コンビニでレジで順番を抜かしてくる人だ。

どう考えてもみんな並んでいるのに、レジが空いた瞬間に突撃して、順番を抜かしていた。

イライラを通り越して、少しびっくりした感じだ。



マナー違反は日常生活をしていれば、見かける機会は多いと思う。

しかし、そのたびに、毎回イライラしていたら体が持たない。



だから、マナー違反の人がいたら、その人はコミュニケーション障害、通称「コミュ障」だと思うと良いよ。

マナー違反の人をそう思えると、イライラはだいぶ減るんだ。



例えば、さっきのレジの話だけど、きっとみんな並んでいることがわからない人なんだと思うと、何だか可哀想に思えてこない?

同情しろと言っているのでなく、頭の中でこうやって処理することで、イライラする感情を極力抑えることができるんだ。



挨拶できない人は、恥ずかしがり屋かもしれないし、ゴミの分別ができない人は、注意欠陥障害かもしれない。

何回言ってもわからない人は、覚えるのが苦手人かもしれない。



もちろん、意地悪でわざとやっている人もいるかもしれないけど、今の時代、いちいち人の行動を間に受けていたら、体が持たないと思う。

だから、こちらの受け取り方を工夫することで、イライラやストレスを軽減することワザを覚えよう。



相手を変えることが相当なお労力とパワーが必要だ。

でも自分を変えることは、相手を変えることよりは難しくはない。

だから、マナー違反の人を見ても、間に受けないで、こちらの受け取り方を少し変える努力をして見ると良いよ。