疲れていたらテレビは見るな!

こんにちは、清水です。

今回は、「疲れていたらテレビ見るな」についてお話します。



なぜ疲れているとテレビを見てはいけないのか?

それは人間は疲れていると、正しく情報を処理できないからです。



深夜に通販番組が多いことを知っているかな?

それはまともな判断ができない時間帯だからです。



深夜になるとテンションが上がってしまうよね。

その状態で通販番組を見ると、テンションが上がっているから、いらないモノでもついつい買ってしまうんだ。



このような現象からわかる通り、人の脳は疲れていたり、眠い時に情報を与えられるとまともな判断ができません。

だから、あなたが疲れている時にテレビなどを見ると、ネガティブな情報や自分にとって必要無い情報を受け取ってしまい、そのせいで嫌な思いやストレスを抱えることになる。



上司から怒られて、落ち込んでいる時に自殺のニュースを見てしまうと、少なからず悪い影響を受けてしまう。

そうならないように、自分の得たい情報だけを見る必要がある。

だから、テレビを無闇につけるよりかは、ネットなどで、必要な情報だけを拾ってくる方が頭には良いと思う。



今の時代は、情報をたくさん与えることで、消費者の脳を麻痺させて、感情を揺さぶる宣伝が多い。

その結果、無意味に不安になったり、急に自分のコンプレックスに耐えられなくなる。

そうならないように、自分に必要な情報以外は、絶対に受け取らないことが必要だと思う。

ABOUTこの記事をかいた人

セイタイ博士

こんにちは、セイタイ博士です。 このブログでは、心と体が健康になる、ちょっとした知識をお伝えしています。 なぜお伝えしているかと言うと、”自分に自信を持った生き方”をして欲しいからです。心と体の健康というのは、自分らしく生きていく上で欠かせません。 ですが今の世の中、希望と不安では、不安を強く感じる人が多いです。 その様な方の不安を解消し、自分らしい人生を送って頂くために、現代にあった考え方や健康法をこの『けんこう知恵袋』でお伝えしていきたいと思っています。