【松戸腰痛】落ち込むと腰が痛くなります。病気でしょうか?

こんにちは、清水です。

 

 

今日のご相談は、

「仕事で嫌なことがあると、腰が痛くなります。

普段は全然痛くないのですが、仕事の時だけ痛くなります。

これはどういうことなのでしょうか?」

になります。

 

 

メンタルと痛みは非常に関係しています。

骨や筋肉の問題だけではなく、メンタル問題が痛みの原因とほとんどと言っても過言ではありません。

ストレスがかかると、ストレスホルモン「コルチゾール」が体や脳の機能にダメージを与え、痛みを誘発させます。

ですので、ストレスを抱えている人は、人より痛みやすい傾向にあります。

 

 

またストレスにも、受動的なストレスと、能動的なストレスがあります。

 

 

能動的ストレスとは、自分でコントロールできるストレスです。

これは体にいいです。

自分を成長させるためにかかる負荷です。

 

 

例えば、筋トレや目標達成ための努力など。

辛そうに見えますが、そこには明確な目標があり、達成するためのプロセスはある種の快感をもたらします。

 

 

しかし受動的ストレス、自分ではコントロールできないストレスは、体に良くないです。

 

 

人間は自分で考えて行動する分には疲れませんが、他人に支持されて動くことにストレスを感じます。

右に行け、左に行けと毎回言われていると疲れますよね。

 

 

それと同じで、自分の意思がない行動には、ストレスを感じるのです。

ですので、職場でもなるべく自分の意思や意見を発言できるようなポジションを取るといいでしょう。

 

 

追伸

お体のお悩みを抱えている方は、こちらをご覧ください(^_^)
⬇︎
https://kogasaki.com